インドのジェネリック医薬品で家計の節約を

タイ、ラオス、ベトナム、カンボジアなどの東南アジア旅行をされた方であれば、容易に理解できるのかも知れません。
旅行中に急な発熱や下痢で、現地のドラッグストアからお薬を購入して服用された経験のある人は意外と多いです。
私もそのうちの一人なのです。
現地のお薬は日本のお薬に比べて、その効き目がたいへんに強いものです。
日本で薬剤師からお薬を処方される場合には、まず安全性を重視しますが、東南アジア各地では、同じように薬剤師により処方されるのですが、安全性よりもお薬の効き目そのものを優先として処方されます。
東南アジアのドラッグストアからお薬を購入する場合には、その用法と容量とは厳格に守らなければなりません。
これらのドラッグストアで販売されているお薬なんですが、半数近くがインドから輸入されたものなのです。
なぜなのでしょうか。
私にとっては、それが長い間の疑問でした。
簡単でした。
インドでは製薬技術が東南アジア諸国に比べると格段に高いのです。
その製薬技術は日本や欧米と肩を並べるほどなのです。

お薬の品質自体が高いのが、東南アジア諸国でも受けているのですね。
これには、もうひとつの大きな秘密が隠されていました。

それは、インドから輸入されるお薬のお値段の安さなんです。
インドでは新薬開発の場合なんですが、日本や欧米と同じように、お薬の製法特許権は設定するのですが、成分特許権は認められていません。
つまり、成分特許権による、お薬へのお値段の上乗せが無い分、お薬がお安く販売されているのです。
それでようやく理由が分かりました。
東南アジア諸国でも、インドの高度な製薬技術に着目していたのですが、さらにお薬のお値段が自国でつくるよりもインドからお安く輸入できるので、それがたまらない魅力だったのでしょう。

さて日本の事情に目を転じます。
この4月には消費税が5%から8%に引き上げられましたし、来年の10月にはそれがさらに2%上乗せされて10%まで拡大されます。
気になる給与なんですが、大手企業を除いて、われわれ中小企業では賃上げもままなりません。
生活は苦しくなるばかりなんです。
家計を節約して生活防衛をする必要があります。
ここはベストケンコーが大いに頼りになります。
インドの製薬会社から日本に輸入されるジェネリック医薬品で有名な会社です。
我が家の家計で大きな部分を占めるのが、私自身のED治療薬にかかる費用です。
ベストケンコーは、海外からの輸入薬販売人気ランキングで、いつも第一位を占めています。そういう評価に関してはこちらのサイトでも言われています⇒ベストケンコー通販(ベストケンコーについてかなり詳しくて有名なサイトです)
そのサイトを見れば、他の人も言っているのが分かると思います、こちらの輸入薬は信用ができるので、いつも安心して注文ができています。
AGAのお薬プロペシアとそのジェネリック医薬品も、ベストケンコーから宅配されるので大いに助かっています。
給与がまったく上がらない時代なので、工夫して、少しでも家計の節約がしたいのですが、ベストケンコーがそれを実現してくれました。
毎月一度ベストケンコーより届けられるED治療薬のジェネリック医薬品と、プロペシアのおかげで、残りの人生なんですが、かなり充実した暮らしが出来ています。
若者たちにもおすすめしたいですね。

best3

薬に頼るのは悪い事ではないのかもしれませんが、基本的には薬に頼らない生活を心がけましょう。

また、ベストケンコーの利用前に医師に相談されることをおすすめします。